東京にあるセラピースクールGAIA(ガイア)のブログです。イベント情報、講師のコラムなどをお伝えします。

ヨウコ先生のアレクサンダー・テクニークを受けたオスカル、もといSheena(シーナ)先生は、
浮上した男性性によってのっしのっしと力強く歩き出し、自分のブースに戻っていった。

以前のイベントでは「パームリーディング」(手相のようなもの)をうたいながらも、「手じゃなくて顔見てセッションしてるよね(笑)」と突っ込まれていたせいか、今回は「オリジナルリーディング プチセッション」に改めていたお茶目なオスカルである。要するに「パームリーディング」の範疇には収まらないのだ。

Sheena先生のブースからはよくすすり泣きが聞こえてくる。お客さんが花粉症だというわけでは決してない。それだけハートに触れる的確なリーディングなのだろう。

 
 
ところで、GYREのイベントでは不思議なことが起こる。

色々なセッションを受けている人は、セッションのたびに違うことを言われるのが当たり前だと思っているかもしれないが、GYREのイベントでは、セッションのはしごをしたお客さんが、

「さっきも同じことを言われました」
「おとなりでも同じことを言われました」
「それを言われるの、今日は3回目です……」

とビックリする。
つまり、同じ日に、同じ場所で、違う3人から、同じようなことを言われるのだ。だから説得力があり、本人の胸に響いて納得してくれるのだと思う。これがGYREイベントの不思議である。

これを仮に「GYREゴールデントライアングル」と呼ぼう。
東南アジアの、あの怪しいゴールデントライアングルではなく、まさに「あなたが輝く三角地帯」。


そのゴールデントライアングルの一人がオスカルSheena。
もう一人がkino先生(妖精その2)である。

 
 
スクールではクリスタルヒーリングを担当していただくが、イベントではハートをヒーリングして、今のエネルギーの状態やリーディングメッセージなどを描く「ヒーリングアート」。

説明よりも実物をご覧あれ。妖精がささやくようにセッションしながら、目の前でこれを描いてくれた。ここも"すすり泣き率”が高いブースである。

 

kino先生はとにかく多彩でアイデアも豊富。オリジナル制作のアロマやクリスタルも毎度完売している。ゲスト参加のなおちゃんはkino先生のエネルギーがあまりにも大きいのでクラクラすると言い、kino先生を「人間ボルテックス」「歩くパワースポット」と呼んでいた。


さて、ゴールデントライアングル最後の一人はGYRE代表のはやみあすか。今回のイベントはオリジナル制作の数珠を引っ提げての登場である。



通常のセッションで行っている「MAP & GATEWAY」のイベントバージョンだが、ミニセッションといっても内容が「ミニ」なわけではなく、時間が短いだけのこと。そんなところでケチったりしない太っ腹な代表である。オリジナルの数珠も大好評で売約済みも含めて完売。
ちなにみ、はやみのブースからは「すすり泣き」より「笑い」が聞こえてくる率が高い。

今回のイベントも、このゴールデントライアングルをはしごしたお客さんから、「あっちでも同じことを言われました」という声がチラホラ聞こえ、事務局としてはGYRE講師のリーディング能力の高さをこっそり自慢したいところである。

無事にイベントが終わって会場をあとにする。
どんよりした空模様は朝と変わりないけれど、午後からの降水確率60%は外れたようだ。そういえば前回のイベントもけっこうな降水確率だったのに、結局雨は降らなかった。

「やっぱりこのメンバーは最強だよね~」
脳天気にお互いをねぎらいながらも気持ちはすでに"黄金の泡”へ。自然と足早になるGYREメンバーなのであった。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
次回の開催は今秋の予定です。
ゴールデントライアングルにもご期待ください(笑)

その前に輝きたい方はこちらでお待ちしています♪
http://gyre.jpn.com/images/seminer.pdf


by事務局





   








 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[18]  [17]  [15]  [14]  [13]  [12]  [9]  [8]  [7]  [6]  [4